XEMarkets


ボーナスが人気です!

様々な出金方法からお好みの方法で

s4df77
FXやバイナリーオプションの攻略ブログでも常に話題になっているのがXEマーケットですが、その入出金システムはいかなるものでしょうか。FX取引を重ねて投資資金がある程度増えてきたら、増えた資金の中から出金することもあるでしょう。XEマーケットで口座から出金する手続きは決して面倒なものではありませんが、前もっていくつか準備しておくことがあります。

事前準備というのは、身分を証明できる書類と住所を確認できる書類をアップロードすることです。公式サイトのメンバーズエリアにログインすると、これらの書類を電子的に取り込んだ画像をアップロードするメニューがあります。しかし、アップロードはすでにXEマーケットでの取引開始以前に済ませているはずなので、XEマーケットで実際に取引をしている人であれば、特に支障にはならないでしょう。

具体的な出金操作は、公式サイトのメンバーズエリアにログインしてから、マイページの出金(Withdrawals)をクリックします。希望する出金方法のリストが出てきたら、その中から選択します。出金する金額を指定して手続きを完了すると、XEマーケット側の処理は24時間以内に終わります。 海外でFX取引しているトレーダーの多くは、プリントアウトした出金依頼書に自筆のサインを書き込んだ上で再度取り込んだ画像を送信するという手間を未だにかけていますが、XEマーケットではWeb上で手続きがすべて完結します。

出金に伴う手数料はXEマーケットの負担になっています。出金に際して送られる先は、原則として入金した時に使用した決済方法になりますが、クレジットカードによる入金の場合は例外があります。

出典: 「高低オーストラリア.com」

出金方法の注意

XEマーケットで出金に使用できるクレジットカードの種類は、VISA、Master Card、JCBなどですが、入金の際に使用したクレジットカードに対する返金として処理されますので、送金できる金額の上限は入金した金額までという制約があります。

出金できる金額の下限は500円ですが、入金額を上回る出金の場合は、銀行の電信送金が使われます。この場合も手数料はXEマーケットの負担です。その他ネッテラーやマネーブッカーズといった電子マネーによる出金もできます。出金できる金額の下限は同様に500円で、手数料はやはりXEマーケット負担です。手数料が業者負担になっているFX業者として、アイフォレックスがあります。iForexは儲かるという噂がありますが、儲かることが保証されている業者は残念ながらありません。まあそういった噂があるということは、人気がある業者だとは言えると思います。

銀行の電信送金の場合は、出金できる金額の下限が200米ドル相当額に上がりますが、手数料はかかりません。どの出金方法を選んだ場合でも、出金の手続きから24時間以内に処理されます。通貨の種類は、入金の際の通貨に自動換算されます。