XEMarkets


ボーナスが人気です!

レバレッジのリスクを減らすための対策

sdf77jk
FX業者の宣伝を目にすると、「レバレッジ最大○○○倍!」といったキャッチフレーズがよく踊っています。レバレッジというのは投資資金をてことして大きな金額を動かせる仕組みで、仮にレバレッジ5倍の時は、5万円で25万円相当の取引ができます。それで利益が出れば、5万円ではなく25万円に対応する利益を手にできるのです。レバレッジについての規制が厳しい日本の国内業者と比較すると、海外業者の場合はレバレッジの最大値が大きく、投資資金が限られている場合でも、大きな利益を狙える自由度があります。詳細に詳しく書いてあります。

ただ、レバレッジによって拡大されるのは利益だけではないので海外FXの初心者は特に注意が必要です。例えば損失が発生した場合には、先ほどの想定だと実際の投資資金である5万円ではなく、レバレッジ後の25万円に対応する額の損失になります。

レバレッジを大きく設定すればするほど、リスクは上昇するのです。このリスクを管理する方法として、国内の業者がたいてい取り入れているのが「強制ロスカット」という手段です。業者ごとに決められたレッドラインよりもトレーダーの証拠金が下回ると、無警告、時によってはトレーダーの操作抜きで決済されてしまいます。それによって、損失が大きくなるのを防止するのです。

しかし、強制ロスカットにも課題があります。強制ロスカットは、ポジションを決済することによってリスクを限定する仕組みです。ポジションを決済する注文がすぐに通らず、予定していた価格よりさらに下落してから決済されてしまったらどうなるでしょう? リスクが拡大する情勢というのは、マーケットの値動きが激しいことがよくありますので、注文が常日頃と同様にリアルタイムで反映されるとは限らないのです。また、業者の営業時間外の時間帯だと、決済したくても決済できない、というもどかしい状況が継続します。

追証ゼロの仕組みとは

XEマーケットでは、レバレッジのリスクを減らすための対策として、「追証ゼロ」サービスを提供しています。追従(追加証拠金)とは、証拠金がなくなってしまった時に補填するために請求される入金のことですが、XEマーケットではこれがありません。要するに、仮に損失が証拠金を上回る金額にふくれあがったとしても、マイナスの口座残高、すなわち貸付に転じることにはならないわけです。強制ロスカットだけのサービスと比較すると、レバレッジのリスクがより軽減されているのが分かります。XEMarketsは儲かる業者、というより、リスク軽減に協力的な業者、と言えると思います。