XEMarkets


ボーナスが人気です!

種類豊富な投資、オルタナティブ投資とは何か


投資を始めると聞くと何だかハードルが高くてそう簡単に手が出せないようなイメージがあるかもしれません。しかし投資にも様々種類があり、取引の方法もそれぞれ異なるものです。数多くある投資、その中でも「オルタナティブ投資」について紹介していきましょう。

代替投資とも呼ばれるオルタナティブ投資

オルタナティブ投資とは何か、まず「オルタナティブ」とは代替の、取って代わる新しいもの、といったような意味があります。その名前の通り、ヘッジファンドや純金、不動産などに対する投資を指しており、運用の対象となる投資を複数組み込んで行う投資のことをオルタナティブ投資と呼んでいます。オルタナティブ投資のことを代替投資と呼ぶこともあります。よくある株式投資や債権への資産に投資を行うか、もしくはそれらに代わる特殊な対象に投資をするかとイメージするとわかりやすいかもしれません。

金融危機、有事に強い純金、不動産への投資

日本を始め、世界各国の先進国で経済を回しているのは紙幣やコイン、つまりお金です。紙幣自体はただの紙切れですし、コインはアルミや銅などでできており、それ自体に価値はありませんが、現在ではお金=価値あるものと金融機関や政府の人々によって定められています。しかし国や時代が違えば人々が価値あるものと定める対象は異なります。昔お金という概念が無かったころは物々交換が主流でしたし、貨幣に代わり骨などが使われていた時代もあったのです。そして現代では貨幣=お金は価値あるものという概念ができあがりました。

さて、お金以外にも価値があると見出されているものもあります。純金や不動産などがその価値ある対象物です。純金や不動産はお金と違いインフレやデフレの影響を受けてレートが下がる、上がるといった激変はありません。通貨は常に世界の経済状況に揺り動かされ、時に激しく円高や円安を引きこしたりします。ハイパーインフレになって紙幣価値がほとんどなくなってしまった、なんていう国も実在します。しかし、純金や不動産は極端な話、世界がなくならない限り価値がまったくなくなるということはありません。ですから万が一日本のお金の価値がなくなってしまった場合でも、純金や不動産があれば元々持っている価値の資産として、新しい「価値あるお金」に交換することができるのです。

金融破綻、万が一の有事の際に効果を発揮するのが、このオルタナティブ投資なのです。そうはいっても一国が有事になるようなこともそうそうありません。自身が持つ全財産が例えば3000万円以上あり余裕がある、と考えるのであればオルタナティブ投資を始めてみるのも一つの選択です。

デリバティブ投資について

ちなみに最近のオルタナティブ投資は、インターネットが一般的に広がってから少し様変わりしています。以前までは純金や不動産が対象とされているイメージがありましたが、現在ではまたその種類も増えており、デリバティブ投資と呼ばれる金融派生商品などが台頭してきています。但し、金融派生商品への投資は純金などとは違い有事の際に確実に対処できるというわけではないので注意は必要です。
  2014 XMDotcom.net